ボナペティフロアー

アーティスト

miwakoカルテット

miwakoカルテット

2000年頃よりアルトサックス奏者のmiwakoを中心に毎月第三金曜レギュラー出演中(※変更になる場合もあり)。miwako作曲によるオリジナル楽曲を主に、モダンジャズなども演奏。ライブで楽しみ、CDを買って家で聴き浸るのも良い。

miwako

miwako

Part:A.Sax & Flute
Profile:1993・5年 ビッグバンドでカリフォルニアの「モンタレージャズフェスティバル」に参加。1998年 「浅草ジャズコンテスト」で優秀ソリスト賞受賞。バンドで銀賞受賞。1999年 ビックバンドでスイスの「モントルージャズフェスティバル」に参加。2000年 都内に活動拠点を移し、オリジナル曲の制作に取り組む。2005年 CD『星図』をリリース。8曲中7曲はmiwakoのオリジナルで構成。その珠玉の演奏は国際的に高く評価され、JJazzNetやアメリカの放送局でオンエアされている。2006年 この年からサテンドール(六本木)ビーフラット(赤坂)など東京を拠点に様々な場所で演奏する。2007年 リーダーバンドで大阪、神戸、九州ツアーを行う。好評を博す。2007年 11月2日CD『いろは』をリリース。全12曲オリジナル。2009年 2月5日に自己のオリジナルをおさめたアルバム『Diamond Spectrum』をリリース。2010年 11月に『MIWAKO TOUR きときと2010』と称したツアーで自己のカルテットで北陸、関西ツアーを行う。好評を博す。2011年4月にCNNニュースで自己のプレイを動画で取り上げられる。同月に石巻で震災後初のライブを決行。復興活動に力を注ぐ。2011年7月にMiwako 3rd アルバム「We Do Hope」をリリース。
Link:SAX Miwako Official Site

久保田徹(KUBOTA TORU)

久保田徹

Part:Drums
Profile:東京都出身。12歳より吹奏楽で打楽器を始める。大学在学中より、ポップス、ロック系アーティストのサポートワークを中心に、ミュージカルのバックバンド等、ジャンルを問わず様々なバンドで活動。「Spiral Jack」,「Junk Food Kitchen」,「D.T.M」,「Vangurad」等のバンドに参加。その後、ジャズドラムを磯見博氏、スティーブ・ウィルクス氏に師事し、ジャズの分野でも活動を開始し、首都圏のライブハウス、ホテルでの演奏活動の他、自己のプロデュースバンド、「Cracckers-Club」、「Wonderful Garden」での活動も行う。現在まで多数のミュージシャンとの共演を経験し、サポート活動も積極的に行っている。
Link:久保田徹のクラッカーズ・クラブ

お問合わせはこちら

ボナペティライブ募集