ボナペティフロアー

ライブスケジュール

2018/04/21
[JAZZ] 青山香子ジャズボーカルライブ ~JAZZと映画とダンスの夕べ~

 

◆MEMBERS

・青山香子(Vo)

都立小山台高校、武蔵野美術大学卒。 文学座、劇団四季養成所を経て’90年ころより音楽活動を始める。 ライヴハウス等で渡辺文男(ds)トリオ、稲葉国光(b)らと共演。 その後渡米。ニューヨーク市立大学ラガーディア・コミュニティ・カレッジ(The City University of New York)とHarlem School of the Arts(HSA)にてpronuncationとゴスペルを学んだ。 演劇の経験を活かし、ジャズ、シャンソン、映画音楽、ダンスミュージック等、幅広いレパートリーを歌っている。

 

・中村泰介(P)

大阪府出身。幼少より音楽に触れエレクトーンやブラスバンドの経験を経て、大学生の頃セロニアスモンクやバドパウエルの演奏に感銘を受けジャズピアノを始め、ジャズピアニストの故・市川修氏に師事する。現在は首都圏を中心に活動している。伝統的なジャズを大切にしつつ新しいサウンドを模索して日々演奏活動を行っている。

 

・矢野伸行(B)

高校1年でベースをはじめる。 当初はローリング・ストーンズ等、ロックに興味をもったが22,3歳くらいからジャズに転向、河上修氏に師事する。ジーン・ハリス、レッド・ガーランド、ポール・チェンバース、レイ・ブラウン等を愛する。 参加アルバムには、東芝EMIより「ウエスが聴こえる―伊太地山伝兵衛」、自主制作「馬と人間―太陽肛門スパパーン」等。

 

・公手徹太郎(D)

1970年、大阪出身。12歳からドラムを始め、チャーリー・パーカーやバド・パウエルを聴いて、Jazzに興味を持つようになる。 高校卒業後、上京し、小山彰太氏に師事する。デイブ・ウェックル、グレゴリー・ハッチャーソンにもレッスンを受ける。 小西徹(g)カルテットや村山浩(p)トリオで演奏活動を始め、これまでに宮之上貴昭(g)スモーキン、スーパーカルテット、大井貴司(vib) & Super Vibration、大森明(as)のグループなどに参加。

 

◆INFORMATION

OPEN 18:30

LIVE 19:30~/20:30~/21:30~

CHARGE ¥2300(1ドリンク付)

 

ジャズライブ&ダイニングバー 中延ボナペティ

スケジュール一覧に戻る

お問合わせはこちら

ボナペティライブ募集